夢を形に
生命を吹き込むスペシャル・パートナー
株式会社 サーモテック
http://www.thermoteq.co.jp
A special partner to breath life into dreams and give them shape
経営理念
社長挨拶
会社概要 会社経歴
製品案内 お問合せ
採用情報 TOP
                                                 
1990年1月 潟Jワタと潟激Cケンの共同出資にて潟Tーモテックを設立。[資本金2,000万円]
本社を大阪市西成区、工場を三田市福島に開設し金型冷却装置の製造を開始する。
1993年7月 設計・製造部門を増強し、金型温調機(TWシリーズと金型冷温機(KCWシリーズ゙)の
本格的開発、設計および製造を開始する。
1994年6月 KT型マイコン搭載金型温調機(TW-LD、MD)の開発に成功し、シリーズ拡大と
同時に金型冷温調機(KCWシリーズ)への搭載により、新鋭化を行う。
1996年2月 Disk用途の需要増により、Disk専用高性能機(TWDSシリーズ)を標準化し量産を行う。
第三者割当増資を実施。[資本金3,340万円]
[持株比率:潟Jワタ51.6% 潟激Cケン33.3% その他15%]
1999年6月 高機能型ニーズに伴い次世代型マイコンMTCシリーズを開発し、金型温調機および
金型冷却機に搭載し、汎用範囲を拡大。
2000年7月 業容拡大に伴う生産能力増強のため、大阪西成区に本社および工場を全面移転。
2001年1月 ISO 9001 認証取得
2001年6月 金型冷却機の冷媒をオゾン破壊係数”0”の新冷媒(R407C)に変更しました。
2001年10月 成型製品の転写性・表面性状を大幅に改善する金型急加熱急冷却システム(TES)を
完成しました。
2005年3月 工場全体の冷却水供給システム・ダイナエコウォーターシステムを完成させました。
ノンケミカルで水質管理・温度管理が可能になりました。
2006年4月 大型チラーの短納期対応を可能にしたKCWVシリーズを完成しました。 
10Hp冷凍機×5=50Hpとし、在庫品により短納期対応。
2006年10月 電気式水処理機ダイナクリーンDを標準装備したKCWVシリーズを完成しました。
2008年12月 太陽光発電セル製造ライン用に急加熱急冷却システム(TESシリーズ)販売開始
2010年 3月 水用金型温調機180℃仕様を販売開始。
リチュームイオン電池キャパシタンス製造用ロール温調機を販売開始。
内部統制システムによる経営体質の強化。
2011年 9月 蒸気仕様の急加熱急冷却システム(TESシリーズ)を販売開始。
2012年 5月 業容拡大に伴う生産能力増強のため、本社工場を全面移転。
敷地面積 4,628u  床面積 5,429u
2013年 7月 タイ国に現地法人「レイケンタイランドCO.,LTD.」を設立。
2014年 4月 アフターサービス強化のため、東京サービスを全面移転。
移転先 株式会社レイケン 茨城工場内
2015年 4月 アフターサービス強化のため、名古屋市に中部サービスを設置。